トップページ > 診療・各部門の紹介 > 看護部 > 第5病棟

診療・各部門の紹介

看護部  【第5病棟(地域包括ケア病棟)】

「地域包括ケア病棟」は、急性期の治療が終了し症状が安定したものの、直ぐに自宅や施設等の療養先に移行するには不安のある患者さんに対して、在宅復帰に向けて診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。在宅療養を行っている患者さんの受け入れや地域包括ケアシステムを活かし在宅療養支援を行っています。また、当院の地域包括ケア病棟の特徴として腎臓内科の患者さんを受け入れることができ、血液透析、腹膜透析を受けている患者さんの家族を含めた自己管理支援や、退院支援を行っています。

地域包括ケア病棟の役割

  • 急性期治療を経過した患者さんの受け入れ
  • 在宅で療養を行っている患者さんの緊急時の受け入れ
  • 退院支援 在宅の療養環境を整える
  • 退院先や治療選択の意思決定支援
  • 血液透析・腹膜透析の患者さんの受け入れ

主な活動

  • 医療上、看護上の問題が早期に解決できるようチーム医療に取り組んでいます。
  • 日常生活の動作が維持・向上できるようリハビリを実施しています。
  • 生活上、介護上の不安をお聞きし、適切なアドバイスや指導・援助を行っています。
  • 地域・多職種連携を強化し、在宅支援のためのカンファレンスを開催しています。
  • 安心して在宅復帰できるよう、退院前に多職種と自宅訪問を行い、生活環境を整えるお手伝いを行っています。
  • 治療や退院先などの選択は、患者さん・ご家族と医療スタッフ・地域多職種との話し合いを重ね決定していきます。
  • 糖尿病や腎臓病などの教育目的入院に対応しています。
  • 認知症に関する研修を受けたスタッフが所属し、認知症の対応を行っています。

 


診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)