内視鏡室

診療受付のご案内
受付時間
8:30~11:00
診療時間
9:00~17:00
休診日
土・日・祝日
年末年始
(12月30日から1月3日)
面会時間
14:00~20:00
(休日 12:00~20:00)

フロアガイド
宗像医師会病院
宗像地域医療センター

交通アクセス・駐車場

内視鏡部門は、機器の開発や技術の発達が著しく、内視鏡検査のみならず、内視鏡的治療や内視鏡的手術も年々増加しており、関連するさまざまな種類の機器や部品を管理しなければならない重要な部門です。


当院では、開設以来“安全・正確”をモットーに、そして、“先進性・緊急性”にも対応すべく、内視鏡検査を行っており、毎日、医師2名、看護師5-6名、臨床工学技師1名、受付1名の体制で、午前中に10-18例の胃カメラを、また、午後には医師3-4名により大腸カメラ、大腸ポリープ切除(EMR)や胃がんや大腸腫瘍に対する粘膜下層剥離術(ESD)を5-8例行っています。緊急検査および処置に対しても、夜間・休日にはオンコール体制を整え、可能な限り対応しております。


近年の症例数は、胃カメラが2500例/年、大腸カメラ1300例/年行っています。早期胃癌などや大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は40例/年、また、大腸ポリープに対するポリープ切除術や粘膜切除術(EMR)は250例/年行っています。その他には、胆膵系に対するERCP(EST、ERBD、ENBD50-70例)や内視鏡的止血術、異物除去、EVLなどを内科、外科、放射線科の協力のもとに行っています。


当院では2名の専門医と1名の指導医が従事しており、2011年度からは、日本消化器内視鏡学会指導施設に認定され、毎年2名程度に対して内視鏡検査および治療の指導を行っています。


2012年度は、ようやく大腸腫瘍に対する粘膜下層剥離術(ESD)の保険収載が叶えられました。当院でも胃がんの粘膜下層剥離術ESDとともに、積極的に取り組んでいます。



  • 内視鏡室のスタッフ

  • 内視鏡洗浄消毒装置